【モンブラン マイスターシュティック146】モンブラン万年筆レビュー

こんんちは、ゆずぽん (@kkpuLqvByaCcJFA)です。

f:id:yuzupomz:20190801190443p:plain

万年筆大好きゆずぽんです!

 

モンブランは有名なので聞いたことある方も多いのでは無いでしょうか?

 

ドイツ生まれのメーカーで現在は文房具の他に革製品、時計、フレグランスなどの製造も行っています。

 

製品には、アルプス最高峰モンブランの頂きを覆う雪をイメージした、白い星型のマーク(「ホワイトスター」)が付くことで有名。代表的製品であるマイスターシュテュックのペン先にはモンブラン山の標高である「4810」が刻まれている。

 

マイスターシュティックとは?

 

 マイスターシュティックとはモンブランを代表する文房具のブランド名で万年筆、ボールペン、ペンシル、スケッチペン、ファインライナー、ローラーボール、ドキュメントマーカーのラインナップがあります。

 

f:id:yuzupomz:20190731190436j:plain

モンブランの特徴としてホワイトスターというのは上の写真の模様が書かれています。

 

マイスターシュッティックの中にも種類があり149、146、145、142など主にペンの長さと重量の違うものがあります。

 

見分け方はキャップの金のリングに製品番号の数字が書いてあるのと、製品ごとに長さが違うので実寸を図ることで型番の判断ができます。

f:id:yuzupomz:20190731190441j:plain

大変見にくい写真ですが、146と書いてあるんです。(わたしのデジカメではこれが限界です)

 

吸引式のモンブランにはインク窓があり、インクの残量が目に見えます。

 

窓の種類はクリアタイプとストライプタイプとあります。

 

マイスターシュティックとはモンブランを代表する文房具のブランド名で万年筆、ボールペン、ペンシル、スケッチペン、ファインライナー、ローラーボール、ドキュメントマーカーのラインナップがあります。  

マイスターシュティックの特徴

f:id:yuzupomz:20190731190454j:plain

製品の長さ(キャップ閉時)で142mmです。

f:id:yuzupomz:20190731190447j:plain

インク込の重量が31gです。

 

キャップはスクリュー式でくるくる回して外すタイプなのでキャップの紛失の可能性は低いです。

 

インクはカートリッジやコンバーターなどでは無く本体に直接吸引するタイプです。

 

インクを吸引する時は軸の末端を回して伸ばします。

 

インクにペン先をつけたら軸の末端を元に戻します。

 

インクはゆっくりと吸うの焦らず回してください。

 

マイスターシュッティック146の筆記レビュー

ペン先はM(中字)ですが、意外と細めに書けます。

 

f:id:yuzupomz:20190731190313j:plain


ペン先の滑りはさすがのモンブランと行った具合で、紙に引っかかることなく非常に軽い力で字を書くことができ、弱い筆圧でかけるので長時間の筆記にも向いています。

 

またキャップを軸末につけなくてもバランス良く書くこともできますし、キャップを付けるとより軽い筆圧で書ける印象です。

 

キャップを付けるとペンが転がらないという利点もあります。

 

ブランド名といい、書き心地のよさと星5つの価値があります。

 

サラリーマンで一点豪華主義なら万年筆に投資するのも選択肢の1つだと思います。